DATE & TIME
CATEGORIES
NEW ENTRIES
SEARCH




☆逆アクセスRanking☆
毎週月曜日から1週間分です 『M教授の講義メモ』にLINKでエントリー開始!!ランキングに乗るには最低1日1アクセス必要です
アクセス解析

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.10.25 Tuesday  | - | - | 

内閣支持率ってどう調べているの?

世論調査:内閣支持率は51% 前回比5ポイント上回る

普段からニュースや新聞で耳にする『内閣支持率』。
この数字はいったい誰がどのように打ち出しているの!?


まず、調査を行っているのは、主にテレビ局、新聞社、通信社、などの各種報道機関。

調査方法には、直接対象に質問する『訪問面接法』と、電話を用いた『電話聴取法』があるが、1998年参院選でNHKが全面的に電話法に移行したことで、全国規模で選挙予測調査を実施している全マスコミが電話法となった。ただし読売は比例代表選挙は面接、選挙区選挙は電話で実施している。(リサーチャーの視点供\は青敢此日経・朝日・読売の内閣支持率比較 より抜粋)

なお、対象の選択方法は以下の通り。

『訪問面接法』
全国の有権者の中から男女約3000人を調査。調査地域による偏りが出ないように、全国を250〜300のブロックに分け、それぞれ10人前後の対象者を無作為に選ぶ。

『電話聴取法』
電話帳に掲載されている世帯から無作為に選ぶTDD法( Telephone Directory Dialing )と、存在し得るすべての電話番号から無作為に選ぶRDD法( Random Digit Dialing )により選出。


しかし最近では、固定電話を利用していない、携帯電話のみを利用するユーザーが増加し、それらの調査対象とならなかった人々をめぐって、大きな騒ぎが続いている。携帯電話だけを利用する人々は無党派層が多いということからも、世論調査結果が歪曲するという論争が起こっている。

また、オンライン上での世論調査も行われているが、この方法では、調査の対象がインターネットや携帯電話を利用する若者や富裕層に偏ってしまうというのではないかという不安も出ている。

選挙サイトElection オンライン調査 http://www.election.co.jp/news/2005/news0810.html


以上、内閣支持率の調査方法から各世論調査の方法についてまとめてみた。

具体的な数字で情報を提供してくれる統計は、物事を分析する際にとても有効ではあるが、その統計が常に正確なわけではないということを心に留めておくべきだろう。

最終的には、統計に惑わされることなく、自分の意思で判断すべし!


【まめ知識】

各社の編集方針により、読売と日経は小数点以下第一位、朝日と毎日は整数で表示されている!


NHKの過去の放送世論調査はこちらで閲覧可能♪
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/housou/list_housou1.html


【参考】
日経電話世論調査
内閣支持率とその表現
「携帯オンリー」など電話利用の多様化が、世論調査に影響か 
偏りの大きい「ウェブでの世論調査」
2005.08.15 Monday 15:43 | comments(7) | trackbacks(3) | 
 | 1 / 1 PAGES | 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>